Z650-B2について

B2は色が良くなかった?(Luminous Dark Blueはきれいだと思うのですが)のか、ほとんど見かけません。(国内販売台数はかなり少なかったのではないでしょうか)

エンジンカバー(ダイナモ、ポイントカバー)が小文字のKawasakiのものが付いている車両が多いです。B2後期で出荷時から付いていたものと思われます。(同年代のZ400などでタンクエンブレムKAWASAKI、エンジンカバーKawasakiの車両を目撃)

B2はハザードランプが追加されて左ディマースイッチが変更になりましたが、このディマースイッチのハーネスはハンドルバーの外に這わせるタイプになっています。右ディマースイッチがハンドルバーの中を通すタイプのままなので、アンバランスです。

B2でジェネレーター(発電機)が変更され、エンジンカバーが変わりましたが、B1とB2のクランクシャフトの部品番号は同じです。しかしエンジンカバーの取り付け位置決めdowelピンの位置が違うため、B1にB2のジェネレーターをボルトオンで移植することはできません。(B1とB2ではクランクケースの部品番号が違います)逆にB2には後継車種(Z750FXII〜ゼファー750)のジェネレーターとレギュレート・レクチファイヤがボルトオン可能かもしれません。(推測です)


(このページは書きかけです)