ステアリング・ステムベアリングの交換

走行距離43000km程でステムベアリングに引っ掛かりを感じるようになってしまいました。(前回約20000km時に交換)ハンドルが直進付近で引っ掛かり、すり抜けが非常にやりにくくなりました。交換作業はめんどくさいので放置していたのですが、不調のままでは乗る気になれないので交換に着手しました。(部品・工具は調達済み)

センタースタンドをかけます。
シートを開け、ガソリンタンクを外し、ヘッドライトとウインカーを外します。メーターユニットを取り外します。
ハンドルバーを外します。クラッチワイヤーを外し、ワイヤーハーネスの接続を外し、アクセルワイヤーをキャブレター側で外し、ブレーキマスターシリンダーのクランプを外して適当にぶら下げておきます。
エンジン下にジャッキをかけフロントホイールを取り外します。
フロントフェンダーを外します。
ブレーキホースのジャンクションを車体から外し、ブレーキキャリパーからブレーキパイプを外します。これで、マスターシリンダーからブレーキパイプまでブレーキラインがまとめて取り外せます。
ブレーキキャリパーを取り外し、フロントフォークを取り外します。

[次へ >>]