ステアリング・ステムベアリングの交換(その2)

トップブリッジを取り外し、フォークカバー(ライトステー)を取り外します。
ようやくベアリングに到達しました。
長いマイナスドライバーでベアリングレースを徐々に叩き出します。斜めにならないように十分注意してください。特に下側のレースは叩き出す距離が長いので専用のベアリングドライバーを使用した方が良いです。
今回下側のベアリングレースを叩き出すのに失敗して、レースが斜めになって止まってしまい、四苦八苦しました。なんとか取れましたが、次回は専用工具を使いたいと思いました。
雨ざらし保管だったためか、ロア側はグリース切れで、ベアリングコーンに錆と打痕が発生していました。
ステムヘッドナットを緩めていき、ステアリングステム(アンダーステム)を取り外します。
古いベアリングボールとベアリングレースを
取り外しにかかります。

[<< 戻る]   [次へ >>]